• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

About JAMJAM

知る人ぞ知る名古屋の中の名古屋「円頓寺本町商店街」。昭和の空気とのんびりとした時間が今でも流れるマニアックな下町商店街の西端でこっそりと23年モノのお店をしています。jammed JAMJAMはシルバーアクセサリーだけが持つ強い美しさと喫煙具に必要な機能性のバランスに拘って制作しているDaDa silver worksのシガレットホルダーや煙管などタバコであそぶ専門店「高密度なJAMJAM」です。・・・のつもりでしたがイマドキのご時世の長いものに巻かれるべく、メンズアクセサリーズなど「趣味と反骨の賜物」アイテムのセレクトショップになりそうです。

【 実店舗『JAMJAM』年表(ざっくり) 】

1997年06月:円頓寺商店街に輸入雑貨屋「JAMJAM」を深く考えずに勢いでオープン。ビギナーズラックが落ち着くと、びっくりするくらい暇な日がつづいてびっくりする。

1997年10月:あんまり暇なので合間を縫ってデッドストックを縫い、リメイクしたのがきっかけで、ショップオリジナルブランド「handsomedevil.」 がそれとなくスタートする。

1998年03月:お店のテレビ取材がきっかけで靴職人が来店、一週間後にはレザーアイテムの販売を始める。お客さんの「あれは作れないの?」のわがままを全部聞いているうちに、ちょっとしたリストバンドから本格的な財布やカバンを作るようになっていく。オーダーの制作行程を繰り返すうちに、出来上 がりの完成度を高めたくなり、職人気質を生かしやすいサンプルありきのカスタムオーダーが基本となる。

1998年06月:革と同じノリで手編みニット帽も増える。原画を描いてオリジナルプリントTシャツも作る。

2000年09月:東海豪雨で浸水し、商品や原画や生地がパーになりボー然。片付けと掃除が終わった3日後に営業再開。

2002年06月:シルバーアクセサリー「一休」が仲間入り。

2003年09月:「泥棒日記」取扱い開始と同時に店内をリニューアルし、常連さんからは「まだまだ」と容赦ないツッコミにもひるまず「うちはセレクトショップです」と言うのがマイブームになる。

2004年10月:「CROPPED HEADS」も取扱いを始める。すでに濃いのにさらに濃くする。

2005年09月:プラスマイナスが出来るようにヨーロピアンカジュアルブランドの「Kelen」を増やし、コーディネートの幅を広げる(この当時はパンツ専門のメンズブランド)。

2006年02月:シルバーアクセサリー「NOSH TRIP」が仲間入り。宝飾学校卒業間近。

2006年05月:円頓寺商店街のアーケード内への移転を機に現代アートギャラリーを併設。ほんとうにセレクトショップみたいに白くて綺麗な店内に、お客さんと一緒に落ち着かない日々を送る。

2007年02月:マスクコインケースに一目惚れして「HAOMING」の取扱いをドキドキ開始。「昔のJAMJAMを思い出す」人と、格闘技が好きな人が予想以上に多く好評。ひとりぼっちにならずにホッとする。

2008年08月:名古屋豪雨でまた浸水、ストックと新作のほとんどがパーになる。東海豪雨からたったの8年、100年に一度なんて誰が言ったんだとグレつつ、3日後に営業再開。

2009年06月:シルバーアクセサリー「DaDa silver works」が仲間入り。

2009年11月:「NOSH TRIP」がネイティブポップライン「SledgeHammer」を増量。

2009年11月:念願だった「革靴」のオーダー始動。12年越しのはじめの一歩が踏み出せるようになる。

2010年06月:13周年を迎え、楽天ショップ「和と銀と革のお店」をプロの会社さんにお願いしてリニューアルし、立派なトップページになる。更新の仕方が未だわからず今もそのまま。

2011年01月:「DaDa silver works」がシガレットキセル(煙管見立てのシガレットホルダー)制作、オーダーがスタートする。キセル、シガレットホルダーなど「喫煙具」シリーズを皮切りに「美術工芸品感覚のシルバー」を展開しようと2人だけで盛り上がる。

2011年05月:「SledgeHammer(スレッジハンマー)」が「Loromondo(ロロモンド)」にブランド名を改め新生スタート。ペンダントトップだけでなく、リングも展開する予定。

2011年06月:仏壇仏具の職人「塗師」である「SIGEZO」に、黒檀やマホガニー等の銘木で制作するシガレットケースやシャグケースなどを別注。

2012年03月:和柄だけでなく軍モノもリメイクしてバックパックなどのややこしいカバン作りにも手を出してみて本当にややこしいと身を以て知る。

2014年05月:軍モノテント地をリメイクしてシガレットホルダー用ガマ口や煙管筒なども作ってみる。

2014年10月:ウェディングドレスもトータルでリメイク。

2015年06月:要望の多いステテコを作ったら要望が増えどんどん形が変化。結果ステテコとサルエルを足して二で割ったようなユニセックスでルーズなビッグシルエットデザインの「サルテコ」が誕生。JAMJAMのオリジナル定番商品となる。

2015年07月:なぜかイベントも作ることになりなぜかウェブデザインと紙デザインもするようになる。

2016年06月:じぶんちよりよそんちのウェブサイトやデザインをすることが増える。サルテコもいっぱい作る。

2017年02月:よそんちよりじぶんちのオフィシャルウェブサイトをリニューアルしようと11年お世話になった楽天市場【 和と銀と革のお店 JAMJAM 】退店。

2018年05月:かねてからの顧客さんの要望であった正絹着物をリメイクしたサルテコを作りサルテコが高級路線に転身。

2019年11月:シガレットホルダーの問合せやカスタムオーダーに対応するのに「シガレットホルダーウェブ上虎の巻」が欲しくなり登録したまま放置していた「BASE」をちゃんとしようと決意。5年目のイベント作りの真っただ中でもじぶんちを作る第一歩が踏めて嬉しい今日この頃。

2020年4月:常連さんに触発されてちょっと自分用にも欲しくなり大島紬でマスクを作ってみたくなる。その結果、人生で一番マスクを作った年になっていく。

2021年2月:ずっとしたくてできないでいたBASEの有料デザインへのリニューアルをコロナの緊急事態宣言でお店でひとりぼっちが寂しいのを紛らわすべく頑張り中。良い感じになってきて楽しくなってきたところ。

Real store JAMJAM

住所 : 〒451-0042 名古屋市西区那古野2-16-10
営業時間 : 13:00-21:00 水曜定休
電話番号 : 052-561-7230
メールアドレス : jam@handsomedevil.jp

FAQを非表示